毛穴 詰まり

小鼻の黒ずみの原因

小鼻に黒いぷつぷつができていると、普段は自分では見えないのですが、人からは良く見えて、とても目立ちやすい部分なので、黒ずみの原因を知って、黒ずみケアをすることがおすすめです。

放っておくと、黒いぷつぷつが大きくなったり、ニキビができて炎症を起こしてしまったりすることがあります。

小鼻は、皮脂が出やすく、皮脂と汚れがまじりあって角柱になり、皮脂の表面が酸化し、皮膚の酸化も促すことになります。

酸化した皮脂や皮膚は、周囲の皮膚を刺激して、日焼けをした時と同じように、肌が自分自身を守ろうとしてメラニン生成をするため、毛穴の周辺が変色してしまうこともあります。そばかすのように、肌にメラニンの色がついてしまうと、元に戻すことは大変難しくなります。

小鼻の角柱の正体は?

角柱の正体は、毛穴につまった角栓です。角栓は毛穴から分泌される皮脂という脂(あぶら)が古い角質と混ざって出来上がります。

角栓はもともと白いのですが、放置されると脂の部分が酸化されて黒くなります。そのようにしてできた黒い角栓が毛穴に詰まって肌の黒ずみの原因となります。

また角栓で毛穴がつまると脂が正常に分泌されなくなり、肌にぶつぶつが生じます。

小鼻は、もともと脂の分泌が多いので、黒ずみやぶつぶつなどのトラブルが生じやすい場所です。さらに、生活習慣の乱れによる皮脂の過剰な分泌の悪影響を最も受けやすい場所でもあります。

小鼻をこれらのトラブルから守るには、脂や古い角質などの汚れを毛穴に貯めないように心がけ、それでもできてしまった角柱は速やかに取り除く普段からのスキンケアが重要なのはいうまでもありませんが、乱れた生活習慣の心当たりがある場合は、まずそれを正すのも効果的です。

小鼻の黒ずみを悪化させる間違った対処法

皮脂の過剰分泌や毛穴の汚れが原因で、小鼻に黒ずみができてしまうことがありますが、対策として間違っているものがいくつかあり注意が必要です。

代表的なものに、黒くなっている角柱を押し出す方法を聞いたことがあるかもしれませんが、一見きれいになるだけで、毛穴は開いた状態になり汚れが入りやすくなってしまいます。

毛穴の形状が開いている状態が続くと、閉じなくなってしまう危険性もあります。メイク落としや毛穴パックを使って汚れを落とすこともありますが、頻繁にやると肌が傷つき必要な角質まで失ってしまいます。

ピーリングも同様で、もし使用するならば1週間程度は期間を空ける必要があります。ベビーオイルやオリーブオイルは、肌への負担も少なくおすすめの方法です。

小鼻の黒ずみを取る方法

皮脂が過剰に分泌すると、黒ずみが気になることがあります。 紫外線の影響で黒ずんでしまうのです。

小鼻の黒ずみを取る方法としては、カチカチの毛穴を柔らかくしましょう。

肌のターンオーバーを正常化させる為には、正しいスキンケアをすることが大事です。月に1度のペースで、肌は新しく生まれ変わります。しかし、肌の角質が硬くなっていると、古い角質が残ってしまい、肌トラブルの原因にもなります。

開いた毛穴に十分な保湿をしましょう。朝と晩の2回は必ず洗顔をして、化粧水をたっぷりと浸透させるのです。その後は、保湿クリームを塗りましょう。

普段は、鼻を触らないことが大事です。指には汚れが付いているので、ニキビが出来たりしてしまいます。

綿棒とオリーブオイルを使って黒ずみを除去する方法

鼻の毛穴の黒ずみは角栓が酸化したものが原因なので角栓ケアが重要になってくるのですが、手の指で押し出そうとすると爪で皮膚を傷つけて炎症を起こしてしまいますから、黒ずみを除去する上で大事なのは肌を傷つけずに角栓を取り除く事です。

そこで効果的なのが脱脂綿を先端に巻き付けた綿棒とオリーブオイルを使った角栓ケアですが、まず脱脂綿を巻き付けた棒にオイルを染み込ませ、鼻の黒ずみが気になる部分に回転させながらマッサージを行います。

角栓が詰まっている部分は棒で横から軽く押し出せば簡単に取り除く事ができます。

ただ、力を入れ過ぎると肌にダメージを与えるので注意が必要ですし、このケア方法を終えた後は肌を保護するために保湿ケアを行う事も忘れてはいけません。

このケア方法ですと人間の皮脂の構成バランスに近いオリーブオイルの働きで角栓を除去しやすくなりますし、オイルを染み込ませた綿棒は肌に負担になりにくいため効果的です。

ニベアとオロナインは鼻の黒ずみに有効?

今、鼻の黒ずみを解消するものとしてオロナインとニベアが注目されています。

オロナインパックは毛穴パックをする前に塗るというものです。これだけで角栓の取れ方が全然違います。毛穴に溜まっている角栓は皮脂と汚れが固まってできたものなので、油分が多いオロナインを塗ることにより角栓が取れやすくなります。

ニベアはどう使うかというと、お風呂に入る前に鼻が白くなるくらいたっぷり塗り、ラップをかぶせて入浴します。そしてお風呂の熱で毛穴が開いた頃に洗い流すと、毛穴の汚れが取れてきれいになります。

これも油分によって角栓が取れやすくなるからです。 安価でどこにでも売っているものなので、気軽に試せるのが魅力だと言えるでしょう。

いちご鼻ってなに?

いちご鼻は、余分な皮脂や古い角質、メイクの油分などが毛穴に詰まって角柱となり、黒いぶつぶつがちりばめられた状態になったものです。

さわると凸凹していたり、時間が経つと酸化して黒ずみがより鮮明になることもあります。顔の中心でもあり、鏡を見ると一番目立つので、早く取り除こうとしてさまざまな対処ケアを試し、結果的に悪化させる方も少なくはありません。

基本的には、毛穴の汚れを取り除けばいいのですが、無理やり除去してキズを作ったり、毛穴を広げてしまうことになったりしないように、それぞれの状態にあった対処法が必要です。

程度が軽ければ、半身浴などで汗を多めにかいて自然に流れ出るのを促す方法などがおすすめです。また、自分でやってみても効果が出ない場合には、一度、スキンケアのプロや皮膚科の医師などに相談する方法もあります。

いちご鼻の治し方

鼻の毛穴に皮脂や角質が詰まり、黒いブツブツや白い角柱ができた状態をいちご鼻と呼びます。いちご鼻は、毛穴の詰まりが原因なので、余分な皮脂や角質を日々の洗顔できちんと落とすことが予防になります。

角柱ケアと言えば、鼻の毛穴パックが有名ですが、これは角柱だけではなく肌にとって必要な角質も剥がしてしまうため、インナードライを引き起こす場合があります。

いちご鼻の改善のためには、スペシャルケアとしてピーリングを行うのがおすすめです。ピーリングは古い角質や不要な皮脂を取り除き、肌のターンオーバーを促します。

肌のターンオーバーが正常化すると、毛穴は詰まりにくくなり、古い角質と共にメラニンも剥がれるのでメラニン対策にもなります。ピーリングの後は肌が乾燥しやすくなるので、保湿力を高める正しいスキンケアを行うことが大切です。

また、日常ではメラニン対策のために紫外線から肌を守るようにしましょう。

いちご鼻がなかなか治らない原因

いちご鼻がどのような状態かを知っていますか。肌のターンオーバーは通常は28日周期です。

しかし、乱れるともっと時間がかかるようになります。すると、古い角質がいつまでも残ったままです。角柱が目立つようにもなります。しかも、古い角質のままなので、酸化した皮脂が目立つようになります。これがいちご鼻の正体です。

ターンオーバーを正常化すれば、いちご鼻が改善されるのですが、それがとても難しいです。毛穴の汚れを洗顔で取り除いても、肌の状態がもともと良くないので、すぐに角柱ができてしまいます。

根本的に改善しなくてはなりません。スキンケアを見直して、肌を正常な状態にすれば、時間はかかりますが、いちご鼻が改善します。

男の毛穴の黒ずみの原因と対策

男性の毛穴の黒ずみの原因としては、皮脂詰まりやメラニンの色素沈着にあります。

男性は、男性ホルモンの影響により女性よりも皮脂分泌が過剰という特徴があります。そのため、酸化した皮脂汚れや古い角質や角栓が毛穴に詰まりやすくなります。

さらに、男性は日頃からメイクやスキンケアをする習慣がないので女性よりも紫外線によるダメージを受けやすくメラニンが色素沈着しやすいという特徴もあります。

対策としては、しっかりと洗顔をして毛穴の汚れをしっかりとオフして肌を常に清潔な状態に保つこと、日焼け止めや日傘や帽子などで紫外線対策をすること、化粧品で肌にうるおいを与えて角質のバリア機能を高めてターンオーバーを活発にさせることが大切です。

原因を知ってきちんとした対策に努めて毛穴の黒ずみを解消させましょう。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジングの選び方

正しいクレンジングによって鼻の黒ずみを治すことができるようになるので、お肌に負担をかけやすい方法は今すぐやめたほうがいいです。

なるべくクレンジングに使用するのはオイルなどではなく、石けんや洗顔料のほうが安心です。石けんや洗顔料でも、きめ細かい泡が作れるようなものであれば角柱ケアできるので、黒ずみも改善することができます。

もちろん、自分の肌に合うタイプの商品を選ぶことも大切なので、保湿力の高さや洗浄力なども商品選びのポイントになります。

洗顔の時にしっかり泡を作って、その泡で鼻の黒ずみを洗うようにすれば、洗浄成分が毛穴に詰まった角栓を落としやすくしてくれますので、ぜひそのやり方で洗顔していただきたいです。

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジング方法

鼻の黒ずみに効く正しいクレンジングをおこなうには、まず入浴などで体を温め、毛穴を開かせることです。洗顔前に蒸しタオルを使うのも良い方法です。

始めにしっかりと手を洗うことが大事です。そして無添加の石けんをよく泡立てます。泡立てネットを使うのもいいでしょう。細かい泡を、手の平いっぱいにつくることです。その泡を、そっと顔にのせ、全体を覆います。そして優しく押し付けるようにしましょう。

汚れはこすり取ると考えず、泡に移すと考えましょう。肌をごしごしこするのは、避けたほうがいいのです。次に人肌程度のお湯を使って十分にすすぎます。洗顔時間は2分以内としましょう。そのあとは素早く化粧水とクリームで、スキンケアをします。

クレンジング後の鼻の黒ずみ対策

クレンジング後の鼻の黒ずみ対策で一番重要なのは、洗顔後、すぐに化粧水を塗ることです。

冷水パッティングはしないようにしましょう。パッティングしないほうがいいのは、それをしたとしても、ごく一時的に毛穴が締まるだけだからです。そうするよりも、化粧水をすぐ塗って、乾燥を防ぐことのほうがずっと大事です。

化粧水は指先か手の平を使って、そっと肌に押し付けるようにして塗ります。こすりつけるようにしてはいけません。そのあとはすぐ、美容液か保湿クリームを塗って、水分が蒸発してしまわないようにバリアをつくります。

保湿対策を万全にしておけば、毛穴から必要以上の皮脂が分泌されることもなくなっていきます。そうなれば、鼻の黒ずみもできにくくなります。

鼻の黒ずみを予防する食生活とは

鼻の黒ずみをなくすには、外側からだけのケアだけでなく、食事を通した内側からのケアも重要になります。

脂っこい食べ物ばかりだったり、外食が多くアルコールも良く摂取する生活だと、ホルモンバランスが崩れ鼻に黒ずみができる原因になってしまいます。

体に悪い食生活を控えるとともに、肌を酸化させる原因となる活性酸素を抑える抗酸化作用を持った食材を取り入れると良いでしょう。

そのためには、野菜を中心としたバランスの良い食事にすることが大切で、ビタミン類を良く摂取すると黒ずみの予防だけでなく美肌にも繋がります。

また、当然ですがきちんと栄養を摂取するためには、最低でも30回よく噛むようにして食べましょう。代謝が良くなり肌荒れなども少なくなっていきます。

毛穴詰まりを防ぐ生活習慣

毛穴が詰まってしまう理由には洗顔の仕方にも問題があるでしょうが、生活自体に原因があるケースも多々あります。

例えば睡眠が不足するとターンオーバーが狂ってしまい、皮脂の分泌が増えてしまうのです。

毎日しっかりと睡眠を取ること、適度な運動をすること、ストレスフリーな生活を送ることなども大切でしょう。 飲酒は適量なら問題ありませんが、タバコは本数に関係なく控えるべきです。

生活習慣の乱れが原因で、毛穴を詰まらせてしまう人は多いのです。特に脂肪分の多い食事を好んでいる方は、毛穴が詰まってニキビが発生しやすいと言えます。

肌をキレイにするためにも、規則正しい生活を維持していきましょう。身体のリズムを整えるためには、とりあえず早寝早起きから始めるとよいです。

↑ PAGE TOP